2009年04月28日

vlo.6 視覚?質量?春クランクベイト考by塚本謙太郎

tk2.jpg
春の定番ルアーとして誰もが思い浮かべるのがサスペンドミノー等のジャークベイト。特にある程度透明度の高いレイクではその傾向が強くなると思います。しかし、状況によってはクランクベイトやスピナーベイトが効果的な事もあります。ハイシーズンになるとトップウォーター以外のハードベイトがまったく通用しないようなクリアウォーターで、何故かウィグルワートのような鈍重でバタバタしたアクションのクランクベイトが圧倒的に強くなる時が少なくありません。特に15℃〜18℃くらいの水温では、普段とはまったく違ったアプローチを試してみるのもひとつの手ではないでしょうか。きっと新たな発見があると思いますよ。
tk1.jpg
そんなクリアウォーターで使うルアーを考えた場合、とても気になるのがルアーの浮力です。近年よく言われるのが「ハイフロート、ハイピッチ」。浮力が強く、ピッチの速いバイブレーションのクランクベイトが良いクランクベイトの条件とされるものなのですが、ルアー作りを生業にする者として、これが必ずしも当てはまらないと思えるのがクリアウォーターのクランキンです。確かに、マディシャローのカバーに付いた魚を狙う時は、ハイフロートのクランクベイトが使いやすいのですが、ショアベタの狭いスポットを撃っていくにはワームよりも手返しが速く効率が良い、またソフトバイトをフッキングに持ち込みやすいという利点だけで、特別クランクベイトに強い反応を示しているとは考え難い状況でもあります。こう考えると、春のクリアウォーターのように、単純にルアーのアクションだけで魚の反応が変わる状況こそルアーの良し悪しがハッキリと出る検証向きの状況とも言えます。
tk3.jpg

クリアウォーターで釣りをしていると、質量のあるルアーの方が大型の魚が良く釣れると感じる事があります。スイムベイトやビッグベイト、高比重ワームのノーシンカーやテキサスリグ、そしてサスペンドミノー等、近年定番化してきたルアーはどれも質量があり、比重の重い物ばかりです。古い物で言えばオキチョビベイトと呼ばれる超大型ウィローリーフのスピナーベイトも、アクション時に動かす水の量は相当な物です。もしかしたら、魚はある程度エサの質量が判り、ルアーの事もそんな基準で判断しているのでは?と思うようになりました。
tk4.jpg
そんな考えからKTWではバルサ材だけでなく、バルサよりも比重の重いレッドシダー材を使ったルアーをいくつか開発する事にしました。なかでも杉戸船長の協力を得て、琵琶湖を強く意識した「漁師クランク」は、ルアーの比重と強い水流が大型魚に有効という持論が、果たして琵琶湖のビッグバスに通用するのかという挑戦でもありました。さらに「B7ディープ」では、B7の形状を継承しながらも、レッドシダー材ボディと専用ロングリップによって、2.5m〜3mレンジをキープ出来るよう設計しました。また、レッドシダーの比重はバルサに比べ高いキャスタビティとロングレンジでも明確に伝わるバイブレーション、グラスを除去する為に水面に叩きつけても壊れない頑丈さを持っていますので、ロングキャストが必要なビッグレイクやクリアウォーターの釣りにはピッタリなのではないでしょうか。

連載開始早々、少々手前味噌な話になってしまいましたが、KTWのルアー作りにおける基本概念を知って欲しくて紹介してみました。これからクランクベイトを使ってみたいと思う方や、どんなルアーを選んだらいいか判らないと思っている方に、「こういう考え方もあるんだな」と思って頂けたら幸いです。(塚本@謙太郎)
ktw.jpg


posted by hbm at 01:11| マエストロノート

2009年04月13日

vlo.5 春のフラットサイドクランキングby西根博司

春のフラットサイドクランキング
先日、那須さんの『なんで”サスペンドミノー”やねん?』ってお話の中で、小型のフラットサイドクランクの話を書かれていましたね。実は僕もこの時期、冬から春にかけて最も出番が多いのがフラットサイドクランク。これヤバイですよっ!!ホントに。サスペンドミノーについては那須さんが書かれていたので、フラットサイドクランクについて書かせて頂きたいと思います!

そもそも、日本でフラットサイドクランクって定着しているような定着していないような"中途半端なルアー"って認識されてませんか?一時期流行で使ってみたものの、使いどころがワカラン!今はボックスの肥やし!!って方も、意外と多いのではないでしょうか?そこでFExをご覧の皆さんにはお勧めの"春のフラットサイドクランクの釣り"をご紹介させて頂きたいと思います。

バイト誘発能力の高さ
まずフラットサイドクランク最大の持ち味は『バイト誘発能力』の高さ、だと僕は考えています。特に中層でのバイト誘発能力の高さは、ラウンドクランクの比ではありません(僕はラウンドボディーのハイフロートクランクはカバーに突っ込む為の"道具"と考えています)!

フラットサイドクランクのバイト誘発能力ですが、フラッシングがいいとか、フラットサイドならではのナチュラルな波動がいいとか諸説紛々ありますが、僕にはその理由はわかりません。ただ一つだけ言えるのは、理由はどうあれ"凄く食ってくる"。これだけは紛れも無い事実です。

考えてみれば、ベイトとなる小魚は『細長いミノーシェイプ』か『平べったいフラットサイドシェイプ』かのどちらかじゃないですか?アユとかモツゴは"ミノーシェイプ"。ブルーギルとかフナは"フラットサイドシェイプ"。そう考えるとフラットサイドクランクが持つシルエットって、凄く自然の摂理に適っている、というか食って来そうな気がしませんか?(笑)凄く大雑把ではありますが、僕はそう考えています。
nsn042.jpg

さて、春のフラットサイドクランク。実に破壊力を秘めた釣りだと思います。NLWのルアーで言えばビーツァシリーズ。ユーザーさんから頂く『冬場〜プリスポーン時期の釣果報告』ではぶっちぎりでビーツァシリーズの釣果報告が多いです。琵琶湖みたいなビッグレイクから、野池のような小フィールドまで所かまわず釣れてます。

春はズバリ!"デッドスローリトリーブ"!!
釣り方はズバリ!"デッドスローリトリーブ"!!フラットサイドクランクを、超"デッドスロー"で、"とにかくゆっくり"と探っていく釣り。これが低水温期の冬場〜プリスポーン期までの時期にかなり有効です。しかも"デカイ"のが釣れる。

プリスポーンバスって、低水温(&身重?)な事もあってか、ハイシーズンの様には早く動けませんよね?ところが、早く動けない=活性が低いという訳では無く、むしろやる気は満々!食い気も満々!な事が多いのです。そこで無防備なベイトフィッシュをイメージして、"デッドスローリトリーブ"。バスもですが、この時期ベイトフィッシュも早く泳げませんからね。

リトリーブはミドストの感覚で?!
リトリーブリのコツはクランクを引く感覚ではなく、ミドストするみたいな感覚。上手く言えませんが、超"デッドスローリトリーブ"でフラットサイドクランクが発生させるアクションと、ミドストでワームを中層シェイクで泳がせる感覚とを重ね合わせてみて下さい。ベイトタックルだとその感覚がわかりづらいと言う方は、スピニングタックルもお勧めです(タックルパワーの違いで自然とフィネスに引けます)。
そして、ここが大切なのですが、この"デッドスローリトリーブ"釣法にはソリッド素材のフラットサイドクランクが向いています(バルサ、ウッド、発泡ウレタンなど)。
nsn041.jpg

何故にソリッドルアー?
中速〜超高速域では中空プラスチックルアーとソリッドルアーの違いはそれほど無いかもしれませんが、この超"デッドスロー"域になると大きな違いがある、と僕は考えています。

凄く感覚的な事なので言葉で表現するのは難しいのですが、中空プラスチックの場合は速度に応じてルアーアクションの出方が決まります。遅く巻けば弱く泳ぎ、早く巻けば強く泳ぐと言う感じで、入力したスピードなりの泳ぎをします。

ところが、ソリッドルアーの場合は、そもそもデッドスローリトリーブ性能に長けたものが多いですし、スピード変化によってアクションが劇的に変化する特性を持っています。今度ぜひ試してみて頂きたいのですが、ソリッドルアーを泳がないぐらいの超デッドスローリトリーブから少しずつスピードを上げていくと、ある一点を超えた瞬間に、突如ハイピッチで泳ぎだすのがわかると思います。これは、ボディー自体が泳ぎたがる特性を持つソリッドルアーならではの特性です。言うなればターボが掛かったようなアクション変化。そして、この特性が春の"デッドスローリトリーブで"は非常に重要な鍵を握っている、と考えています。

人間どんなに集中しても、一定速で巻き続ける事は難しく、微妙な巻きムラが出ます(波とか風とかあればより一層難しい)。この微妙な巻きムラが、フラットサイドクランクに微妙なアクション変化を与えると言う訳です。それが、ソリッドボディーのフラットサイドクランクがこの釣りに向いていると考える理由です。
nsn043.jpg

例年通りであれば4月いっぱいぐらいはこの釣りが有効なはずですので、ぜひ機会があったら試してみて下さいね。

今回は春の釣りについて書かせて頂きましたが、フラットサイドクランクの可能性って、実はまだまだこれだけでは終わらないと思います。アフターの時期のリッピングやトウィッチングなんてかなりヤバイですし、秋の超高速リトリーブもヤバイ!(西根博司)
nisine.jpg
posted by hbm at 15:39| マエストロノート

2009年04月04日

vol.4 なんで"サスペンドミノー"やねん? by那須大士朗

初めまして(*^^*)GRAYZ那須大士朗です!皆さん、釣り行ってますか?宜しくお願いします!
0904041.jpg
最近よく各リザーバーイベントに出没してるので気軽に声かけて下さいね。

さて今回は、今から始まるスポーニングに向けての時期に有効だと言われる"サスペンドミノー
(シャッド)"について書こうと思います。
0904042.jpg
定番シャッド。やっぱりええですね!

この時期、このルアーが効く!のは紛れも無い事実なんですが、"釣り手"と"作り手"、一つのルアーに対しての考えに凄く違いが表れます。まず"作り手"は『ホンマそれであってんの?』と疑いの目を持って捉えはじめます。より細やかにサスペンドミノーを捉え研究するんです。"釣り人"って『止める為のルアー』って選択肢の先にサスペンドミノーがあります。"作り手"は『なんで皆サスペンドミノーやねん?』です。

現在、僕が"作り手"として考えるこの時期にサスペンドミノーが効く理由は『止める』・・単純でありふれた答えですが、これだけです。完全に止めろとはいいませんが、寒い季節からの脱出期。まだまだバスも積極的に動けず、単純にゆっくりしたプラグの動きの方が、特殊性を発揮出来ると言う事です。

よく『シルエット』の話になりますが、(これは実際にテストしたんですが)クランクベイトのサスペンドチューンと大差なく感じました。シルエットよりサイズが重要ではないでしょうか?
0904043.jpg
ぼくはこの時期、小型のフラットサイドなんかもよく使います。
元々浮力の低い部類のルアーなんでチューンもし易いですよ。

じゃあなぜこの時期、他のルアーが淘汰され"サスペンドミノー"のみが生き残ったのか?理由は単純。"魚っぽい"から。止めると言うアクションの中で、より魚っぽいフォルムを持つミノーは、使う側の人間に信じて使える力を与えるのだと思います。また逆に巻き続ける作業には、人間は巻き心地の少ないミノーよりはクランクベイトを好みます。ルアーって、実は人間の作り出す思い込みやリズムにより選択されている場合が多々あるんですね。

ちなみに止めるアクションにシルエットはあまり関係無いですが、巻く作業にはシルエットは重要だと僕は思っています。バスは遅いアクションに関してはルアーを生き物だと思っておらず興味で食い、速いアクションに関しては生き物と間違え補食として食っている、と思っているからです。
0904044.jpg
小型クランクベイト。これをサスペンドチューンすると、
よりカバーに強い場所で使用できます。

結局はこの時期"サスペンドミノー"を使うってのに間違いは無いんですが、この固定概念を少し壊せば、違ったルアーもこの時期の選択肢に入りますよ、と。

皆さんもどうぞ色々とお試しあれ!!!! (那須大士朗)

*サスペンド系でバスを攻略する場合のぼくのタックルです参考にしてみてください。
-シャッドなど軽いルアー用-
【ロッド】アブガルシア/ファンタジスタFS60LR
【リール】アブガルシア/カーディナル802
【ライン】バークレイ/バニッシュ4lb
-クランク・フラットサイドなど若干引き重りのするルアー用-
【ロッド】アブガルシア/ファンタジスタ・スチュディオスFSS67LS
【リール】アブガルシア/カーディナル301M
【ライン】バークレイ/バニッシュ4lb

grayznas.jpg
posted by hbm at 18:02| マエストロノート